民間学童保育は仕事と子育てを両立する上でなくてはならない存在

公立の学童保育と民間学童保育のどちらが良いのか?

おもちゃで遊ぶ少女

お勤めなどで、お子さんの下校後の過ごし方にご心配がある場合、学童保育が利用できます。これからその利用を検討されるご家庭においては、新しく登場している民間学童保育を選ぶか、従来の学童保育を利用するかで迷われているかもしれません。それぞれにメリットが違ってきますから、どちらにするか迷った場合の決め方のポイントをご紹介します。
決める際のポイントとして最も重要になる点は、利用料金です。従来の学童保育は公共運営のシステムとして、料金的な負担は少なめです。一方、民間学童保育は割高な料金になります。負担できる料金が限られているケースでは、料金負担に無理がないことを基本に選んでいくことになるでしょう。しかし公共の学童保育は、定員オーバーで利用できなかったり、利用条件が合わなかったりすることも少なくないようです。
そのようなケースでは、民間学童保育を視野に入れて検討する必要が出てきます。放課後のお子さんの過ごし方として、民間の学童保育は魅力的な内容が揃っているため、その内容を知ることで、前向きに選んでいるご家庭も増えています。特に個性を育めるプログラムや、楽しみながら覚えられるような教育プログラムを準備している事業所も目立ってきています。料金は各事業所で異なりますから、利用しやすい民間学童保育がないか、探してみてください。

注目の記事

  • 子供を預ける

    民間学童保育の担う役割と探し方

    働く両親にとって子どもの保育は悩みのタネです。5歳までは長時間保育園に任せることができますが、小学校低学年であれば昼過ぎには下校時間を迎えてしまいます。祖父母が近所に住んでいたとしても高齢になっ…