民間学童保育は仕事と子育てを両立する上でなくてはならない存在

働くママたちの強い味方である民間学童保育の良さとは?

考える女性

働きながらの子育ての中、時短でばかりだとなかなかキャリアが積めません。フルタイムで働くとなると、迎えの時間などの足かせがあり、やりくりに苦労しているママも多いのではないでしょうか。民間学童保育の良さは、仕事と両立できる点です。民間学童保育は、公立学童保育と違って、必ずしも18時までしか預かれないということはありません。仕事の終業時間を鑑みて探していくと、19時までや20時までといった遅くまで預かってくれる民間学童もたくさんあります。また、教育に力を入れているところも多く、小学校の勉強のフォローはもちろん、独自のカリキュラムとして英語プログラムの充実しているところや、体操教室があるところなど、うまくやれば習い事として活用できる場合もあります。確かに、公立と比べると料金が10倍以上という高額になるかもしれません。でも、下手すると小学校で過ごす時間よりも長く過ごすことになる学童で、勉強習慣や様々な習い事もできるなど、自分ではなかなか積ませてあげられないいろいろな経験に投資したと考えると、決して高すぎる料金ではないのではないでしょうか。しっかりと働きながらでも、少しでも子どもたちに様々な経験を積ませてやりたい、勉強習慣もつけさせたい、そんな希望を形にできるのが民間学童保育の良さです。

民間学童保育では質の高い時間が過ごせる

子育てには悩みがつきものです。特に教育分野は選択肢が広く、子どもに何を学ばせるべきなのか迷ってしまいます。近年では児童に対する教育の場は義務教育である小学校だけでなく、学童保育も該当すると考えられています。そこで脚光を浴びはじめたのが、私立である民間学童保育なのです。
民間学童保育の原則は、日中、保護者が家庭にいない時間帯に児童を預かることです。放課後に児童が滞在し、仕事を終えた保護者が迎えに来るまでの時間を過ごします。この役目は公営の学童保育も変わりありません。しかし民間学童保育は遊びの時間を教育の時間と捉え、独自のカリキュラムを提供しています。例えば外国人講師による英語のレッスン、プログラミングなどの科目です。民間学童保育は有料サービスなので、預かる子どもにより質の高い時間を過ごさせることで差別化を図っているのです。
高度な教育は幼いうちから行った方が身につくまでの時間が早く、能力が定着するという考えもありますが、反対に小さいときに十分に遊べないのはかわいそうだと意見もあります。どのような民間学童保育が良いのか、正解はありません。家庭内でよく話し合い、子どもの成長をサポートしていきましょう。

民間学童保育を活用して仕事も充実させよう

お仕事をしながら育児をしていると、どうしても子どものことが心配になってきます。フルタイムで働く場合だと、学校が終わった後や長期休みなどはどうしても親の目が届かなくなってしまいがちです。そこでおすすめなのが、民間学童保育を利用する方法です。
民間学童保育は、地域内の子どもが集まり、教育プログラムや習い事のようなもの、遊び場として機能している場所です。これらは、学校が開いている時間だけでなく、夕方以降や長期休みなど、親が面倒を見切れない時間帯も開いている施設です。開いている時間は施設により異なりますが、おおむねフルタイムで働く親の仕事終わりまでをカバーできています。こうした民間学童保育は、様々なプログラムを用意しているため、子どもの様々なニーズに応えることが可能です。静かに過ごしたい子どもには図書室が、活発に遊びたい子どもには体育館があるなど、子どもが退屈しない工夫がされています。スタッフも施設に常駐しているため、安全面での心配もありません。
家で子どもの面倒を見切れず、仕事をあきらめてしまっている親もいるかもしれませんが、民間学童保育を使うことで、教育面でも仕事面でも充実した生活を送ることが可能です。まずは地域の民間学童保育施設を探してみてはいかがでしょうか。

注目の記事

  • 子供を預ける

    民間学童保育の担う役割と探し方

    働く両親にとって子どもの保育は悩みのタネです。5歳までは長時間保育園に任せることができますが、小学校低学年であれば昼過ぎには下校時間を迎えてしまいます。祖父母が近所に住んでいたとしても高齢になっ…